抜け毛 短い

短い抜け毛ありませんか?

最近、ふと気づいた2センチくらいの短い毛が抜けたりしませんか?

 

まあ長い毛は抜けてたことはこれまでもあったし、普通の人でも一日あたり100本くらい抜けるというから。。。

 

とあまり抜け毛を気にせずにいたあなた!

 

残念ながら極端に短い抜け毛はキケンなサインです。。。

 

それはすでに危険水域に達したことのシグナル。。。

 

現在33歳のわたしも実際そうでした。

 

ずばり、

 

極端にみじかい髪の毛は男性性脱毛性が進行しているきざしです!

 

このサイトでは、そんな早期AGAの人たちとともに有効な対処を探っていきたいと思っています。

 

すぐに有効な育毛剤を知りたい方はこちら

 

すぐに有効なクリニックを知りたい方はこちら

 

AGA(男性性脱毛症)とは

 

そうです、男性性脱毛症とはAGAとも呼ばれる、あのいまいましい脱毛症。。。

 

祖父が薄毛だった私も覚悟はしていました。

 

まずはAGAとはどんなものなのか、簡単に触れておきます。

 

 

AGAとは

 

・日本人男性の約3割がかかっている脱毛の症状。男性にかぎらず女性にも症例が見られる。
・1000万人ほどの男性が治療を希望している。
・症状は側頭部、後頭部以外の毛が抜ける。つまり前頭部、頭頂部がはげる。

 

といったもの。

 

原因については

 

・遺伝
・頭皮の硬化
・加齢による老化
・ストレス
・頭皮のダメなケア

 

などがあげられます。

 

治療法は?

 

・ホルモン剤の投与
・血行促進を目的とした血管拡張剤の投与

 

もっと詳しく知りたい方は

 

AGAとは?そのメカニズム

 

ハゲを受け入れる決断

 

わたしは20代の最後、つまり29歳とき、はじめて脱毛を意識し始めました。

 

それは友人とプライベートで温泉に行った時。

 

風呂あがりに鏡の前で髪をかき上げると、右前頭部の一部がやけに白い・・・

 

「え。。。地肌見えてる。。。」

 

相当ショックでしばらくずっと鏡の前でぼう然としていたと思います。

 

他の人は「何自分の顔見てずっとつったってんだこいつwww」と思っていたかもしれませんが、

 

わたしにとっては、大げさでもなんでもなく、そりゃあもう天地がひっくり返るほどのショックでしたよ。。。

 

このハゲた時のショックってぜったい当事者になってみないとわからないですよね。

 

周囲の人はハゲを笑います。

 

しかしハゲた本人はほんと絶望しかないよ。。。

 

「なんでオレなんだよ」 「なんで今なんだよ」

 

って行き場のない、やり場のない怒りをただただ自分の中で押さえ込む、いや、ただただ、その現実を見ないようにする。

 

こんな感じだと思います。

 

そりゃあハゲは遺伝と言われます。

 

わたしも子どものころから毛が細く、目立ちはしませんが、将来はっきり見ると薄毛になること間違い無しという感じだったので、

 

少し頭の片隅にはありましたが、ぱっと見たときに薄毛とはわかりにくいので、なんとかなると思って気にしていなかったんです。

 

でもまじまじと地肌のスペースができていた時は、少し頭のなかが真っ白になるというか。

 

その後は、もうずっとそのことを考えるんですよね。

 

どのタイミングで坊主にしようか。

 

周囲の人、家族にはなんてリアクションをされるんだろうか。

 

今さらハゲで笑いを取れるキャラに路線を変えられるだろうか。。。

 

どうでもいいことで悩んで、きっとこれがまた頭髪には良くないwww

 

親の家系を恨んだりもしますよね。全く無意味ですけど。。

 

 

そんなこんなで、結果、悩んでいてもしょうがない、ということで立ち上がる事にはなるわけです。

 

立ち上がったからには選択肢は2つ

 

髪をあきらめる→坊主にする

 

徹底的にあがく→何か対策を講じる

 

の2つだけです。

 

 

有効な対応策は?

 

ヘアケア対策は多くのサイトですでに語り尽くされている感じはありますが、ある程度はこちらでも確認しておきたいと思います。

 

まずは頭皮をケアするための方法です。

 

@基本的には頭皮の乾燥を避け、
A頭皮を柔らかく保つ。

 

ように心がけていくわけです。
@のためには、まずはシャンプーを見直しましょう。
シャンプーは洗浄力が強すぎると、必要な皮脂をも除去してしまいます。皮脂がなくなりすぎると頭皮は極端に乾燥した状態になってし舞います。文字通り不毛地帯というわけです。ふけやかゆみが気になる人は、頭皮の乾燥を疑ってみるといいでしょう。
シャンプーの選び方はこちらから

 

Aの頭皮を柔らかく保つことも非常に重要です。大地でも肥沃な土地には作物がしっかりと育ちます。毛髪も同じで、頭皮が柔らかいと血行が促進され、しっかりとした毛髪が育ちます。

 

よく言われる効果的な方法がマッサージです。マッサージすべき様々な部位がありますので、こちらを参考にしてください。

 

その上で活用したいのが育毛剤です。
世の中にはさまざまな育毛剤が存在しており、評価もバラバラです。もちろん、人の体質がばらばらなので、画一的な効果が見込めるわけがありません。このサイトでもいくつか育毛剤を解説して紹介していますので、確認してみてください。

 

と、ここまでが、日頃からのケアでできる範囲のことです。

 

つまり、地道にコツコツとやっていくべきことですね。

 

ただ、もちろん、明日すぐ髪が生えてくるわけではありませんし、あくまで長期的に考えて有効な方法ということです。

 

しかし、そんな悠長なことを行っていられない人だっています。すでにけっこうハゲてしまったというような人はどうすればいいのでしょうか?

 

かつら?確かにかつらも一つの方法です。しかし、本当にそれで満足感が得られるでしょうか?

 

かつらだって安くありません。しかし、常に自分がハゲているという字いつをつきつけられ続けるという意味では根本の解決には一歩も近づけません。

 

では、短期的に効果のある有効な方法とは、ということになりますが、
それはクリニックです。

 

発毛、育毛、植毛とさまざまな専門クリニックがあります。もちろん、費用はかさみますが、それでも以前よりははるかにやすくなってきたようです。即効性という意味では一番高いので、興味のある方はこちらから。